素敵な図書館

毎週土曜、夜11時に僕、佐藤が自作小説をアップしていくブログです。コーヒー、あるいはお酒を飲みながら訪問していただけたら嬉しいです

小説 番人 11

スマートフォンのアラームで僕は目を覚ました。

休みの日もアラームを付けていた事に苦笑いをする。

歯を磨き、露天風呂に入り、昨晩と同じ個室の部屋で朝食をとった。

仲居もスタッフも昨晩の事を僕に口にしなかった。

僕は夢でもみていたのだろうか?

個室の外の能舞台を観てみる。朝はプロジェクターからは映像は流れない。

それを観て僕は安堵した。

疲れていた上に、酔いが回ったんだろうか。

よく考えてみたら、昨晩起きた事は夢以外あり得ないと僕は想った。

現に僕は自分の部屋で寝ていたのだから。

朝食を食べる頃には、不安は消えていた。

午後は天草まで足を運ぼうと想ったが、どうやら天気は雨らしい。

僕は水前寺公園に寄ってからそのまま帰宅する事にした。

水前寺公園に着くと「 夏祭り 」と書かれた旗が立ており、屋台や金魚すくいを観光客が楽しんでいた。

アメンボが池の水面を揺らし、波紋が静かに拡がっていた。

池の前にあるベンチに腰を下ろし、屋台で購入した出来立てのタコ焼きを食べる。

アメンボの波紋は、また違うアメンボの波紋と重なり弾けて新しい波紋を造っていた。

まるで会話をしている様だな、と僕は想った。

アメンボをよく観察していると後脚で波紋を起こしていた。

広告を非表示にする