素敵な図書館

毎週土曜、夜11時に僕、佐藤が自作小説をアップしていくブログです。コーヒー、あるいはお酒を飲みながら訪問していただけたら嬉しいです

小説 あなたと夜と音楽と 51

僕の声は震えていた。僕は泣いているんだろうか。僕が僕でなくなってしまう怖さに。憧れのジャズミュージシャンに会えた嬉しさに。

「 もう大丈夫だろ? 」とマイルス・デイヴィスは言った。